<< 蓮の花の季節に | main | ほほ寄せ合って >>
おにいちゃん
  母は四人姉妹。すぐ上の姉は体が弱く、家は貧乏だったので、母は小学校を卒業するとすぐ町の紡績工場で働いて家計を助けていました。

 町に女学校が出来ると、母は父母の反対を押し切って、二人の妹を女学校へ通わせ、その妹たちは女学校から師範学校へ進み、二人とも小学校の先生になりました。

 やっと家から解放された母は、四国を出て、九州医大付属の看護学校で学ぶことが出来たのです。

そこで母は、医学生だった父と結ばれました。

 迎えに行くから実家で出産するようにという父の言葉を信じて、四国の実家で出産したものの、父の方の家庭の事情で結婚は出来ませんでした。

 その頃、母のすぐ上の姉は、男の子がいる再婚の人と結婚して東京に住んでいました。

私はその伯母夫妻の実子として入籍され、おにいちゃんが出来たのです。おにいちゃんも私も、伯母をおかあさんと呼んで一緒に暮らしていました。

それは、母が四国の故郷に職を得て、暮らしが安定するまで続きました。

私が小学校に入る少し前、伯母は言いました。

「これからは、信子おばちゃんをおかあさんと呼ぶのよ」

そうして、私は四国へ行ったのでした。

 

 中学へ進学したものの、満足できなかった私は、おにいちゃんに迎えに来てもらい、東京の中学で3年間を過ごしました。ここで素晴らしい先生や友人と出会うことが出来たのです。

 

 7月17日の早朝、突然おにいちゃんは帰らぬ人となりました。

 

   おにいちゃん

            宮中雲子

 

一緒に遊んでいて

ふっと姿を消し

私を不安がらせた おにいちゃん

 

うまくかくれていて

“うわっ!”と顔を出し

私を驚かせた おにいちゃん

 

いつだって すぐに出てきて

私を嬉しがらせたのに

もう 柩の中で目を閉じたままの おにいちゃん

 

年を重ねるにつれ

おにいちゃんは 兄さん 兄貴と

呼びかたは変わってきたけれど

今 柩の中に収まっているのは おにいちゃん

たった一人の おにいちゃん

また なにかいたずらを考えて

仕掛けてきそうな おにいちゃん

| - | 14:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
遅ればせながら猛暑お見舞い申し上げます。
先生にそのような過去が在ったのは、今になって初めて知りました。
ほんとうにやりきれない思いですね。
宮中先生にお世話になった御恩は今も決して忘れていません。私も、その壁を乗り越えて行きたいと念じます。

| 片田 | 2013/07/27 3:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hit-on.mokuyou-tetyou.jp/trackback/1107852
トラックバック