<< 夕陽のように穏やかに | main | 実りは夕景色の中に >>
握った手だけが温かい
 東京学芸大学で指導教官だった米津千之先生。
サトウハチロー先生と親しかったので、
木曜手帖の創刊にあたり、会員を募集する時、
大学の生徒に参加を呼び掛けた。私もその中にいて、
木曜会に入りサトウハチロー先生に師事することになった。
今日の私に導いてくれた恩師・米津先生。
やっと見舞いに行ったけど、何も話す事は出来なかった。

   握った手だけが          
      

            宮中雲子

病院で101歳の祝いというのに
目をつむったまま
うつらうつら…
ベッドに寝た切りの恩師

強く呼びかけて
目を押しあければ
一日(ついたち)お月さんのよう

仏さんの目に似ているが
心は どこに遊んでいるのか
意思が感じられない

先生と呼んで
覗きこんだ目は虚ろ
握った手だけが 温かい
| - | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hit-on.mokuyou-tetyou.jp/trackback/1107860
トラックバック