<< 茶碗をどうぞ | main | 茶碗は仕覆に覆われて >>
もったいない仕覆

  友人が仕覆を作る講習に行っています…といった時、

正直私は仕覆がなんであるか知りませんでした。

ほど経て、作れるようになったので、作ってあげる

から茶碗を貸してほしいと 言われ、とりあえず

日頃使っている抹茶茶碗を渡したのでした。

その後、仕覆が大切な茶入れの壺やお茶の道具を覆う


ものと知って、恥じ入ったのでした。

 

一段の格上げに

         宮中雲子

仕覆(しふく)で覆うほどの

茶碗ではないのに

友人が作ってくれ

仕覆に納まった茶碗

 

手近なところに

無雑作には置けなくなって

どこに置こうか 考える

 

ちょっと一服と思うたび

恐れ多い気持ちになって

居住まいを正す

 

作ってくれる人がいなければ

仕覆に覆ってもらうことなど

ついぞなかった茶碗

 

一段の格上げに

茶碗も

途惑っているのではないだろうか

 

| - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hit-on.mokuyou-tetyou.jp/trackback/1107885
トラックバック