<< いつも仲良く | main | 寄り添って >>
従姉妹と私
  第二次世界大戦中、母の一番下の妹一家が

東京から、四国のわが家へ疎開して一緒に暮らして

いましたので、自ずから従姉妹とは姉妹さながら。

戦後、私は叔母の所から大学へ通っていたので

従姉妹とも親しい暮らしが続いたのでした。

 

お姉ちゃんはね・・・

        宮中雲子

 

小さい頃から

姉妹のように育ち

私のことを お姉ちゃんと

呼んでいた従姉妹

 

八歳違いで

お互い 何の不思議も感じないできたが

私 八十歳

彼女 七十二歳

 

お姉ちゃんと呼ばれ

私も自分で お姉ちゃんはね…と

話していて

ちょっと変

 

でも 今更

呼び方を変えるわけにもいかないし…

 

| - | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hit-on.mokuyou-tetyou.jp/trackback/1107952
トラックバック